気をつけていこう

Red drugs and money

では現在精神病を患っている人は世の中にどれくらい存在しているのか?正直数えたらキリがないほどたくさんの患者さんが存在しております。実際に精神病は誰でもなってしまう可能性が十分にあるので、多いとされるのも不思議ではないことがわかります。では最近はどれくらいの患者数になっているのか?1996年頃は約200万人以上いると言われていましたが、2000年以降はその数もどんどん増えるようになっていき、今では300万人を余裕で突破するようになりました。つまりどれだけの人が現状の生活に精神的苦痛を感じているのかがわかるかと思います。ちなみに原因としてはうつ病と認知症の患者数が増えていることから言えます。では精神病の発症の原因には今何が一番多いのか?より具体的に掘り下げていくと、まずは遺伝に寄る体質や外傷という原因が挙げられます。つまりは生まれ持って正常ではない部分が体にあることが精神病を起こさせているという話です。本人にしかわからない壮絶なストレスがあるので、非常に大問題となっています。そして生活習慣による影響も非常に多いですね。トップで触れたお金の悩みなんかはまさにここに当てはまると言えるでしょう。そして最後に、心因的要因による精神病はもう言うまでもないかと思います。特に人間関係で多大なストレスを抱えている人は相当多いとされているので、この辺も間違いなく今後ずっと悩まされ続ける人が増えていくのではないでしょうか。いずれにしても、やはり治していく意識を持って行動することが大事です。